デリケイトゾーンのマター

神経質エリア(外陰部)は、大特性唇、小陰唇、特性根源(クリトリス)、膣口などの「外男根」と呼ばれる部分のことです。この部分は誠に複雑なフィギュアになっており、角質カテゴリーも無いので、さまざまな面倒が起こり易くなります。多くの女性が経験した店のある“かゆみ”などの小気味よい事態から、“がん”などの深刻な病魔まで、面倒の程度もさまざまあります。

神経質ゾーンの面倒の中で多いかゆみの原因には、次のようなことが考えられます。とりわけ、インナーやパンティライナー、インナーなどによるかぶれだ。この場合、雑菌の増加を防ぐために、ナプキンなどをこまめに交換したり、通気性の良いインナーにしたりする結果、対処することができます。

「膣炎」も神経質ゾーンの面倒で多い病魔だ。膣炎は、膣内に桿菌やかびが感染して、炎症が起きている状態です。黴菌には、カンジタ、大腸菌、トリコモナスなどがあります。カンジタは、健康な自分にでも存在する常在黴菌ですが、負荷や疲労を通じて免疫が落ちるって増加し、炎症を起こすことがあります。ケアは、座薬や内服薬、外用薬などが用いられます。

痛みを感じる面倒としては、「男根ヘルペス」があります。外陰部に元の木阿弥や潰瘍ができ、元の木阿弥がつぶれるって荒々しい痛みを伴います。ケアは、抗ウイルス剤による、内服薬や外服用、点滴などを用います。

きっかけがわからない外陰部のかゆみは「外特性掻痒症(がいいんそんなふうにようしょう)」と総称して呼ばれます。この場合、抗ヒスタミンや副腎皮質が配合されたクリームが使われます。

また、バルトリン腺のう胞やバルトリン腺炎、外特性がん、尖圭コンジローマなどの面倒は、外科的ケアが必要となることがあります。ミュゼ京都の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ